週末起業に最適なレンタルオフィス、他のサービスとの違いや相場は?

プライバシーポリシー協会概要

週末起業で成功・稼ぐためのポイント

HOME > 週末起業で成功・稼ぐためのポイント > > 週末起業に最適なレンタルオフィス、他のサービスとの違いや相場は?

週末起業に最適なレンタルオフィス、他のサービスとの違いや相場は?

週末起業に最適なレンタルオフィス、他のサービスとの違いや相場は?

週末起業でビジネスを始める場合、信用を高めるために事務所を借りることを検討する人は多いと思います。

 

週末起業の場合は自分一人で小規模から始める方が多く、貸事務所を借りるまでもいかないという場合が多いのではないでしょうか。

 

週末起業で小規模からビジネスを始める場合、レンタルオフィスがおすすめです。

 

ここでは、週末起業におすすめのレンタルオフィスについて、他のサービスとの違いや相場を説明したいと思います。

 

週末起業におすすめ!レンタルオフィスのサービスとは?

週末起業におすすめ!レンタルオフィスのサービスとは?

週末起業でミニマムに事業を始める場合、レンタルオフィスがおすすめです。レンタルオフィスは、1時間だけ・土日だけ・1か月だけなど、経費を安く抑えるのに便利な様々なプランが用意されています。

 

レンタルオフィスには机や椅子、電話やインターネットの設備が備え付けられているので用意する必要がなく、気軽に事務所を構えることができます。また、一人用の小さなスペースからでも借りることができるので、自分1人で事業を始める場合にも最適です。

 

レンタルオフィスの他に、貸事務所やバーチャルオフィス、コワーキングスペースなど、よく似たサービスがありますが、それぞれ形態やサービス内容も違います。それぞれのサービスとの違いを見てみましょう。

 

貸事務所との違い

貸事務所とレンタルオフィスの違いは大きく分けて2つ、契約期間と設備です。

 

貸事務所の契約期間は2~3年と長期間で、その期間は毎月賃料が発生します。レンタルオフィスなら1日からでも借りることができ、週末起業で土日や平日の夜だけ事務所を使いたい場合に便利です。

 

また、貸事務所の場合、借りられるのは場所だけで机や椅子、電話などの設備はなく、すべて自分で用意しなければなりません。週末起業でなるべく経費を押さえて事業を始めたい場合は基本的な設備が付いてくるレンタルオフィスがおすすめです。

 

コワーキングスペースとの違い

コワーキングスペースとは、フリーランスで仕事をしている人などが共有のスペースに集って仕事をする場所のことです。

 

レンタルオフィスとの違いは、個人のスペースがないということと、住所を借りることができないということです。

 

対顧客向けに事務所を借りたい場合はコワーキングスペースではなく、レンタルオフィスを借りる必要があります。

 

バーチャルオフィスとの違い

バーチャルオフィスとは、住所と電話番号だけを借りられるサービスです。事務所を構えている

 

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いは、事務所などのスペースがあるかどうかという点です。

 

対外的に信用を高めるために住所と電話番号だけが必要な場合はバーチャルオフィス、物理的に事務所が必要な場合はレンタルオフィスがおすすめです。

 

シェアオフィスとの違い

シェアオフィスは複数の利用者が共有で使えるスペースで、個別の占有スペースはありません。スペースは他の人と共有ですが、バーチャルオフィスなどと同様住所を利用することができます。

 

仕事をするスペースは欲しいが、直接の顧客対応がないので個別のスペースはいらないという場合におすすめです。

 

週末起業でレンタルオフィスを使うメリット

週末起業でレンタルオフィスを使うメリット

週末起業でレンタルオフィスを借りる場合のメリットはいくつかあります。

 

信頼性が高まる

週末起業でも本格的な事業を始めたい場合は、レンタルオフィスで特定の住所に事務所を構えることで信頼性が高まります。名刺を作る場合はなおさら事務所があった方が印象が良くなります。

 

オンとオフのメリハリがつく

週末起業で事業を始める場合、最初は一人で始めるという場合が多いと思います。直接的な顧客対応が必要ない場合、自宅でも仕事をすることはできると思いますが、オンとオフのメリハリがつかずになかなかはかどらないということもあります。

 

そんな時に自分のオフィスがあればオンとオフの切り替えがしやすくなり、仕事へのモチベーションを高めることができます。

 

顧客対応ができる

顧客と直接会ってやり取りするような仕事の場合、レンタルオフィスがあると便利です。カフェなどでも打ち合わせすることは可能ですが、他人に聞かれると困る情報がある場合、レンタルオフィスの個室があると重宝します。

 

レンタルオフィスの相場

レンタルオフィスの相場

では、レンタルオフィスの相場はいくらくらいなのでしょうか?東京の場合で見てみましょう。

 

レンタルオフィスを契約する場合にかかる費用には、初期費用、利用料金、管理費、保証金などがあります。それぞれの相場を見てみましょう。

 

・初期費用…50,000~100,000円

初期費用が無料というところもありますが、高ければ15万円ほどかかる場合もあります。

 

・月額利用料金…30,000~80,000円

安いところでは、都内でも個室の利用で29,800円というところがあります。

 

・管理費…0円~15,000円

管理費はかからないところも多いです。

 

・保証金…0円~50,000円

保証金は1ヶ月分の賃料で設定されているところが多いです。

 

東京都内でレンタルオフィスを契約する場合の相場はこのような感じです。中には月額利用料のみで借りられるところもありますので、経費を安く抑えたい場合はそのようなプランを探してみることをおすすめします。

 

まとめ

以上、週末起業におすすめのレンタルオフィスについて、他の類似サービスとの違いや料金の相場について説明しました。レンタルオフィス以外にも、バーチャルオフィスやコワーキングスペースなどのレンタルサービスがあります。ご自身の目的に応じて最適なサービスを検討してみてください。

週末起業のポイントTOPに戻る

副業・在宅ワークですぐに稼げる。

婚活アドバイザー(結婚相談所)

最短2週間で、婚活アドバイザー(結婚相談所)として活動できます!
無料で映像講座を受ける

pagetop