週末起業は何から始めれば良い?失敗を避けるために最初にするべきこと

プライバシーポリシー協会概要

週末起業で成功・稼ぐためのポイント

HOME > 週末起業で成功・稼ぐためのポイント > > 週末起業は何から始めれば良い?失敗を避けるために最初にするべきこと

週末起業は何から始めれば良い?失敗を避けるために最初にするべきこと

週末起業は何から始めれば良い?失敗を避けるために最初にするべきこと

「会社の仕事がおもしろくない…」「給料が上がる見込みがない…」など、会社員としての現状に不満や漠然とした不安を抱えている人は多いと思います。大きな不満はなくても、何となく「このままで良いのか?」と考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

会社員としてまじめに働いていれば、安定した収入は入ってきますし、大企業であれば将来の不安も少ないと思います。しかし、会社員として働いている限り、将来や老後の生活についてだいたいの予想はついてしまいます。

 

もっと違った明るい未来を手に入れたい!成功者になりたい!と考え、起業する会社員は多いですが、起業すれば誰でも成功するわけではありません。むしろ成功する確率の方が低いほどです。いきなり仕事を辞めて起業してしまうと失敗したときのリスクが大きすぎます。

 

そんな中、週末起業という選択肢を選んだあなたは賢いと言えます。いきなり起業をしなくても、週末や平日の空いた時間を使った週末起業という形をとれば、失敗したときのリスクを最小限に抑えてチャレンジすることができます。

 

ただ、週末起業を始めてみたいけど、アイデアもないし何から始めれば良いか分からないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、週末起業を始めたいと思い立ったあなたに、何から始めれば良いか、どういう点に気を付ければ良いかについて説明します。

 

まずは何から始めるかを明確にし、週末起業ビジネス成功への一歩を踏み出してください。

 

週末起業は何から始める?①会社の就業規則を確認

週末起業は何から始める?①会社の就業規則を確認

週末起業で何から始めれば良いかということを考える前に、まず確認しておきたいのが会社の就業規則です。

 

最近では副業OKの会社も増えてきていますが、社会全体が副業容認の傾向にあるとは言い難いです。会社で副業や週末起業がどのような扱いになっているかを確認しましょう。

 

会社で副業が禁止されている場合、週末起業の活動が同僚や上司にばれた際に問題が起こってしまいます。最悪の場合は会社に居づらくなって辞めざるを得ないということも考えられます。

 

「ばれないようにうまくやれば大丈夫!」と思う人もいるかもしれませんが、週末起業が会社にばれるリスクは思わぬところに潜んでいます。

 

会社の就業規則の確認や報告、会社に週末起業がばれる理由などについては次の記事で詳しく説明していますのでチェックしてみてください。

週末起業を始める時は会社に報告するべき?報告しないとどうなる?

 

週末起業は何から始める?②開業届は必要なのか

週末起業は何から始める?②開業届は必要なのか

週末起業を始める場合に何からすれば良いかというところでまず気になるのが、「開業届」についてです。

 

事業を始めるのだから、開業届は必ず出さなければならないと思っている人もいるかもしれませんが、実は、開業届は出さなくても罰則などはありません。

 

ただし、税金の控除や赤字の繰り越しなど、場合によっては開業届を出した方が有利になる点もあります。開業届についての詳細や必要な手続きについては次の記事で詳しく説明していますので、あわせてチェックしてみてください。

知らないと罰則を受けることも!?週末起業を始める際に必要な手続き

 

週末起業は何から始める?③何をビジネスにするか決める

週末起業は何から始める?③何をビジネスにするか決める

週末起業で何から始めれば良いか分からないという人の中には、そもそも何をビジネスにするかが決まっていない人も多いと思います。実は、週末起業においてどんなビジネスを選ぶかは、成功と失敗を左右するポイントとなります。

 

好きなことをビジネスにする

週末起業のビジネス選びにおいてポイントになるのが、そのビジネスを自分が好きかどうかということです。

 

もちろん好きだけでは稼げるようにはなりませんが、会社員として働くかたわらで週末起業のビジネスを行うわけなので、好きなことでないとなかなか続きません。

 

週末起業は失敗のリスクが少なく、「最悪辞めてしまっても問題ないや」という気持ちがどこかにあるので、続けられずに失敗に終わってしまったという人は山ほどいます。

 

週末起業を成功に導くためにも、なるべく自分の好きなことをビジネスにした方が良いと思います。

 

大きく稼ぎたいなら、労働時間に対してお金をもらうビジネスは避ける

週末起業のビジネス選びでもう1つ注意したいのがビジネスモデルです。労働時間に対しての対価が売り上げとなる場合、時間が限られているので、売り上げが必ず頭打ちになってしまいます。

 

ある程度の収入があればOKという人は問題ないですが、大きく稼ぎたいという人にはあまりおすすめできません。

 

例えば、自分が講師としてパソコン教室を開く場合、どう頑張っても月に開催できるレッスンの数は増やすことができないため、売り上げが頭打ちになってしまいます。

 

同じパソコン教室を開く場合でも、自分が講師をするのではなく、講師を雇って自分は集客や教室展開などの経営に集中できるようにすることがポイントです。

 

週末起業のアイデアについては次の記事で説明していますので、何をすれば良いかわからないという人はぜひ参考にしてみてください。

週末起業のアイデアを考える際のポイントとおすすめビジネス

 

週末起業は何から始める?④目標を細かく設定し、ゴールまでのプランを作る

週末起業は何から始める?④目標を細かく設定し、ゴールまでのプランを作る

週末起業で失敗するパターンで多いのが、目標がざっくりしていてやることが明確になっておらず、考えている間に時間だけが過ぎていってしまうパターンです。

 

「週末起業で月収100万円稼ぎたい!」というざっくりした目標だけでは動くことはできません。月収100万円に到達するまでには、まずは月1万円を目標として5万、10万とステップアップしていきます。その小さなステップを目標として、そのために何をするべきかを考えていきます。

 

例えば2,000円の商品を売るビジネスの場合、月々の経費が10,000円だとすると、商品を10個販売すれば目標達成です。小さな目標を確実にクリアしていくことで週末起業のビジネスがステップアップしていきます。

 

自分に合う週末起業ビジネスが見つからない場合は…

以上、週末起業で何から始めれば良いかということについて、必要な手続きから成功のポイントまでをご説明しました。この記事を参考に、ぜひ週末起業ビジネスの第1歩を踏み出していただければ幸いです。

 

また、このサイトではさまざまな週末起業ビジネスをご紹介しています。何から始めれば良いかは分かったけど、なかなかしっくりくるビジネスが見つからないという場合は、ぜひ他の記事もチェックしてみてください。

週末起業のポイントTOPに戻る

副業・在宅ワークですぐに稼げる。

婚活アドバイザー(結婚相談所)

最短2週間で、婚活アドバイザー(結婚相談所)として活動できます!
無料で映像講座を受ける

pagetop