サラリーマンが週末起業を始める場合のメリット・デメリット

プライバシーポリシー協会概要

週末起業で成功・稼ぐためのポイント

HOME > 週末起業で成功・稼ぐためのポイント > > サラリーマンが週末起業を始める場合のメリット・デメリット

サラリーマンが週末起業を始める場合のメリット・デメリット

サラリーマンの週末起業

サラリーマンが起業を考えるとき、いきなり脱サラは不安ということで週末起業を選択肢に入れる場合は多いです。たしかに、週末起業から取り組んで軌道に乗ったら独立するという方法は理にかなっていると言えます。

 

ただ、週末起業で事業を始めることはメリットばかりではありません。ここでは、サラリーマンが週末起業をする場合のメリットや気を付けたいポイントなどについて説明します。

 

サラリーマンが週末起業で事業を始めるメリット

サラリーマンが週末起業で事業を始めるメリット

まずはサラリーマンが週末起業で事業を始める場合のメリットについて見ていきましょう。

 

失敗したときのリスクを抑えられる

サラリーマンが週末起業で事業を始める最大のメリットは、事業が失敗に終わった場合のリスクが抑えられるという点です。

 

脱サラしてから起業した場合、事業が失敗したときに収入がゼロで職もないという悲惨な状態になってしまいます。

 

会社員として仕事を続けながら週末起業で事業に取り組んだ場合、週末起業のビジネスが失敗に終わっても、会社員としての収入があり、職を失うこともないのでリスクが軽減します。

 

収入を確保しながら事業を始められる

起業する場合、まとまったお金を用意したり銀行から借り入れをしたりして、事業が軌道に乗るまではそこから経費や生活費を切り崩していく必要がありますが、週末起業の場合は生活費は会社員としての収入で賄えますし、余裕があればそこから資金を回すこともできます。

 

特に家族がいる方の場合、生活費を確保した上で事業を始められるのはメリットが大きいといえます。

 

サラリーマンが週末起業で事業を始める場合の問題点

サラリーマンが週末起業で事業を始める場合の問題点

ただ、サラリーマンの週末起業はメリットだけではありません。最低限の生活を維持するという意味では安心ですが、脱サラ後の起業と違って、会社との兼ね合いが合ったりまとまった時間が取れなかったりするので、そういう点で問題点もあります。

 

時間が取れずに準備がなかなか進められない

脱サラ後の起業との一番の違いが、起業に向けた準備期間のためのまとまった時間が取れないということです。ビジネスの種類にもよりますが、成功させようと思うと片手間では難しい部分があります。

 

サラリーマンとして働きながら週末起業で事業を始める場合は、ほぼ自分のプライベートの時間は取れなくなると思っておいた方が良いでしょう。

 

何かあったときに臨機応変に対応できない

土日や平日の夜限定の週末起業として事業を始めた場合でも、クライアントを相手にするビジネスや人を雇っている場合はその時間以外の対応が必要になってくる場合もあります。

 

サラリーマンの場合は仕事中に自分のビジネスの対応をするのは難しいので、その点で問題が出てくる場合があります。サラリーマンが週末起業を始める場合、残業が少ない、休日出勤がない、有給が取りやすいなど、比較的自分の時間が取りやすい会社の方が向いていると言えます。

 

会社とトラブルになる

会社が副業や就業規則でサイドビジネスを禁止している場合は、そもそも週末起業はできませんが、会社が副業をOKしていてもトラブルになることもあります。

 

ビジネスが会社と競合している

サラリーマンの副業や週末起業でよくあるトラブルとして、ビジネスが会社と競合する立場になってしまっていることが挙げられます。

 

会社員が週末起業を始める場合、その会社で取り組んできた経験やスキルを活かしたビジネスを始める人も多いですが、そのような場合に会社と顧客を奪い合ってしまうことがあります。それが原因でトラブルになる可能性もあるので注意が必要です。

 

特に会社の顧客を自分のビジネスに引っ張ったりすると大問題になるので絶対にやめましょう。

 

週末起業のビジネスが原因で本業に支障が出る

週末起業のビジネスに力を入れすぎるあまり、サラリーマンとしての仕事がおろそかになってしまうとトラブルの原因になります。

 

週末起業のために定時に帰ったり有休を取ったりすること自体に問題はありませんが、上司や同僚、部下に迷惑の掛からない範囲にとどめることが重要です。

 

サラリーマンの週末起業におすすめのビジネス

サラリーマンの週末起業におすすめのビジネス

何かと制限の多いサラリーマンの週末起業には、一人でミニマムにスタートできるビジネスがおすすめです。そこで日本仲人協会がおすすめするのが、結婚相談所の週末起業ビジネスです。

 

週末起業の活動時間と会員の活動時間がマッチしている

結婚相談所の会員の多くが平日の夜や土日に活動しており、会社員が週末起業で動きやすい時間帯とマッチしています。そのため、平日の夜や土日に限定した活動でも十分取り組んでいけます。

 

自宅で一人でスタートできる

結婚相談所の週末起業は、スマホまたはパソコン1台あれば自宅で一人で始めることができます。通常結婚相談所を一人で始めようとすると、事務所を構えてマッチングのシステムを用意してマッチングできるだけの会員を集める必要がありますが、日本仲人協会に加盟すればその必要はありません。

 

日本仲人協会に加盟すると、会員のネットワークやシステムを利用できるため、会員を1人集めればビジネスをスタートすることができます。

 

開業資金・ランニングコストが低額

日本仲人協会で結婚相談所を始める場合、映像講座を受講後に加盟すれば加盟金や登録料、システム利用料がすべて無料になり、開業資金は0円、月会費も10,000円と低額です。週末起業で始める場合もリスクがほとんどない状態でスタートすることができます。

 

働き方を自分で自由に決められる

結婚相談所の週末起業では、自分がお世話をする会員の数に応じて活動時間が変わってきます。会員が1人~2人だと土曜日や日曜日のみの活動、5~10人だと平日も含めた3日程度の活動、というイメージです。

 

サラリーマンの週末起業にもおすすめの結婚相談所のビジネスについては次のページで詳しく説明していますので、あわせてチェックしてみてください。

週末起業に最適。自宅で結婚相談所を開業できるお仕事です。

週末起業のポイントTOPに戻る

副業・在宅ワークですぐに稼げる。

婚活アドバイザー(結婚相談所)

最短2週間で、婚活アドバイザー(結婚相談所)として活動できます!
無料で映像講座を受ける

pagetop