婚活アドバイザー(結婚相談アドバイザー)は副業・在宅ワーク・週末起業に最適。自宅で結婚相談所を開業できるお仕事です。

プライバシーポリシー協会概要

週末起業で成功・稼ぐためのポイント

HOME > 週末起業で成功・稼ぐためのポイント > > 週末起業におすすめの婚活ビジネス。成功のポイントや収入は?

週末起業におすすめの婚活ビジネス。成功のポイントや収入は?

「結婚したいけど出会いがない…」という男女が増える中、婚活ビジネスの需要が高まっています。

 

多くの結婚希望者が平日の夜や土日などで婚活をするため、会社員の週末起業にもおすすめです。

 

ここでは、週末起業でもできる婚活ビジネスについて、成功のポイントや収入についてご紹介します。

 

週末起業におすすめの婚活ビジネス①婚活パーティー

婚活パーティー

特にSNSでフォロワーが多い人におすすめの週末起業ビジネスが、婚活パーティーです。人を集めてパーティーを開催するだけで収入を得ることができます。

 

婚活パーティーのビジネスのポイント

婚活において“とにかくたくさんの人と会う”ことは、最重要項目と言っても過言ではありません。理想の結婚相手を見つけるためには、とにかく数をこなしていくしかないのです。それを叶えるのが婚活パーティーです。

 

また、たくさん人がいれば何でも良いといわけではありません。定職についていない人や清潔感のない人など、あまり結婚相手としておすすめできない人をどれだけ集めても、1組もカップルができずに終わってしまうことになります。

 

男女それぞれにテーマや制限を設けて、参加者を絞り込む必要があります。例えば、男性の職業を医師限定、女性の年齢を20代限定とするなどです。

 

要するに、いかに“この人なら結婚しても良いと思える人”をたくさん集めるかがポイントになります。

 

婚活パーティーの集客方法

婚活パーティーの集客方法ですが、まず欠かせないのがSNSでの集客です。すでにフォロワー数がたくさんいる人であれば、興味を引くタイトルや文章、写真を選定し、なるべくたくさんの人にシェアしてもらえるような仕組みを作り、投稿すればそれだけで人が集まります。フォロワーが少ない人でも、SNS広告を活用すればたくさんの人にリーチすることが可能です。

 

また、婚活パーティーなどのイベントの集客でもう1つおすすめの方法が、他のビジネスのリストを使わせてもらう方法です。週末起業や起業のイベントやセミナーなどに参加すると、さまざまなビジネスの経営者とのつながりができると思います。

 

例えば、医師の転職ビジネスをしている人であれば、たくさんの医者のリストを持っている可能性があります。そのようなビジネスパートナーを見つけて、婚活パーティーの告知をさせてもらいます。

 

その際は、ビジネスパートナーにもメリットがあるように、1件の参加につきいくらというようにフィーを支払うと、良い協力関係を築くことができます。

 

婚活パーティーは年齢制限に注意

あと、婚活パーティーで1つ気を付けたいのが、年齢制限を設けたときの落とし穴です。

 

例えば、30代限定とすると、38歳、39歳と上限ぎりぎりの人が集まりやすい傾向にあります。別にそれでも良いのですが、その年代で上限ぎりぎりで滑り込んでくる人は、自分が若い人を求めがちです。

 

そうなると、男女とも30代限定としている場合、双方の希望がうまくマッチングしない形になります。集まりにくくなるかもしれませんが、年齢はなるべく狭く限定しておく方が、参加者の希望とのギャップが少なく済みます。

 

婚活パーティーの利益率は低い?

婚活パーティーは飲食店で開催するイメージがある方もいるかもしれませんが、飲食店だと食事代がかかり、参加費用が高くなるためおすすめしません。会議のようなところで長椅子とパイプ椅子を並べるだけでも十分です。

 

大阪の梅田で会議室を借りる場合、30名で10,000円/1hほどになります。参加者が30名で女性が1,000円、男性が3,000円、開催時間が3時間、アルバイトを時給1,000円で2名雇ったとすると、利益は24,000円となります。

 

毎週開催すれば月96,000円稼げることになりますが、集客のコストや手間を考えると、あまり利益率が良いとは言えません。

 

そこで、付加価値が重要になってきます。男性医師限定の婚活パーティーであれば、女性から高い金額を取れますし、女性を20代前半限定にすれば、男性から高い金額を取ることができます。婚活パーティー付加価値を付けて単価を上げることで、利益率を上げることができます。

 

週末起業におすすめの婚活ビジネス②結婚相談所

週末起業におすすめの婚活ビジネス②結婚相談所

週末起業にもう1つおすすめの婚活ビジネスが結婚相談所です。

 

結婚相談所は登録者の年齢や職業、年収などの情報に偽りがなく、身元がしっかりしているということや、アドバイザーからアドバイスを受けられるということから、安心して婚活がしたいという人やじっくりと腰を据えて婚活がしたいという人に需要があります。

 

結婚相談所はその人の希望に合う人を紹介しないといけないから、婚活パーティーよりも集客が大変なのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実はそうでもありません。

 

結婚相談所を開業する場合、基本的には大手の結婚相談協会や連盟に参加することになります。協会や連盟に参加することによって、会員のリストやお見合いのシステムなどが使えるようになります。

 

月会費はかかりますが、会員を自分で一から集めたり、お見合いのシステムを開発したりする金額を考えると高いものではありません。週末起業で小さく始める場合はなおさら加盟した方が良いです。

 

ただ、加盟金は50万円~100万円と高額な場合が多いので注意が必要なのですが、日本仲人協会なら加盟金は0円、初期費用はホームページ利用料の3万円のみとなっています。週末起業でビジネスを始める場合にも負担が少なく済むのでおすすめです。

 

協会や連盟に加盟すれば、膨大な会員リストからお相手を紹介できるため、自分の会員は1人からでも始めることができます。

 

また、婚活パーティーよりもサービス料金が高く経費もあまりかからず利益率が高いため、個人で始める週末起業ビジネスにもピッタリなのです。

 

例えば、入会金を30,000円、月会費を10,000円、成婚料を300,000円とした場合、会員を3人集めればそれだけでその月は120,000円の売り上げになります。

 

かかる経費は協会や連盟へ支払う月会費のみで、日本仲人協会の場合は月会費が1万円なので、110,000円が利益となります。

結婚相談所開業までの流れについてはこちら

 

まとめ

以上、週末起業ビジネスにおすすめの婚活ビジネスについて、成功のポイントや収入についてご紹介しました。自分に合った方法で、週末起業を成功に導いてください。

記事カテゴリー

副業・在宅ワークですぐに稼げる。

婚活アドバイザー(結婚相談所)

最短2週間で、婚活アドバイザー(結婚相談所)として活動できます!
無料で映像講座を受ける

pagetop