週末起業ライターに必要なスキルとおすすめのビジネス3選

プライバシーポリシー協会概要

週末起業で成功・稼ぐためのポイント

HOME > 週末起業で成功・稼ぐためのポイント > > 週末起業ライターに必要なスキルとおすすめのビジネス3選

週末起業ライターに必要なスキルとおすすめのビジネス3選

週末起業ライターに必要なスキルとおすすめのビジネス3選

ライターの仕事は自宅で取り組めて比較的時間の融通も利くため、週末起業ビジネスにおすすめです。特に、会社で文章を書く仕事をしているという人や、自分でブログを運営している人にとっては、その経験やスキルを活かしやすいため人気です。

 

ただし、会社での業務や個人のブログと週末起業としてのライターの仕事は異なる部分も多くあります。もちろん、文章を書く能力は活かすことができますが、それ以外にも必要なスキルや知識があります。

 

ここでは、ライターとして週末起業を始める場合に必要なスキルや、ライターにおすすめの週末起業ビジネスをご紹介します。

 

ライターとして週末起業を始める場合に必要なスキル・経験

ライターとして週末起業を始める場合に必要なスキル・経験

ライターとして週末起業でビジネスをするには、ライティングのスキル以外にも必要なスキルや知識があります。

 

情報収集スキル

会社の業務の一環としてホームページやブログの記事を書く場合などは、自社のサービスや商品に関わることが多いと思います。

 

そのため、会社の業務のライティングでは情報収集がそれほど必要なかったかもしれませんが、ライターとして週末起業を始める場合は、自分の得意分野や知識のあるジャンル以外の記事も作成する必要が出てきます。自分の得意分野に絞ってしまうと、受注できる仕事の幅も狭まってしまうからです。

 

情報収集はネットで行う場合が多いですが、場合によっては書籍等からの情報収集も必要な場合があります。作業としては、情報を調べてまとめるだけなのですが、慣れていないとかなり時間がかかってしまいます。

 

特にネットからの情報収集では、間違った情報も多いため、それを裏付ける情報(出典元が信頼できる機関である、同じことが別の記事にも書かれている等)も必要になります。

 

いかに効率的に情報を収集してまとめるかが、ライターとしての週末起業成功のポイントになります。

 

正しい日本語で分かりやすい文章を書く能力

自分では正しい日本語で分かりやすい文章を書いていると思っていても、実は日本語が間違っていたり、知識のない人が見ると分かりづらかったりする場合もあります。

 

週末起業でライティングの仕事を請け負う場合は、企業からの依頼も多くなるため、一定以上のレベルが求められます。自分の日本語力や表現力に不安がある人は、ネットの情報や書籍で今一度確認するようにしましょう。

 

また、分かりやすい文章は、誰が読んでも理解できることがポイントになります。特にホームページやブログなど、ネットの記事を書く場合は特に分かりやすさが求められる傾向にあります。後述しますが、SEOにも関係してきます。

 

1記事2,500~5,000文字の記事作成実績

文字数の指定は受ける仕事によって違いますが、最低でも2,500文字からできれば5,000文字の記事を書いた経験は必須と言えます。

 

ブログ記事だと1,000~1,500文字の依頼も多いですが、SEOの観点からは1記事2,500文字以上が推奨と言えます。また、長い文章を短くまとめるのは比較的簡単ですが、長い文章きれいにまとめるのはそれなりの経験が必要です。

 

最低でも2,500文字の記事をきれいにまとめるスキルは身に付けておいた方が良いでしょう。

 

SEOライティングの知識

SEOライティングの知識は必須ではありませんが、身に付けておくとライターとしての仕事の幅が広がります。ネットでの集客方法は大きく分けるとWeb広告、SNS、ホームページがありますが、その中でもホームページからの集客は要になります。

 

ホームページからの集客では、正しいSEO対策の知識があれば他社よりも優位に立つことができます。ブログやホームページの記事が検索結果の上位に表示されれば、広告費をかけずに集客することができます。

 

そのため、検索上位に表示されやすいSEOライティングが施された記事が書けるライターは重宝されます。

 

SEOを考慮したブログ記事の作成方法については、次の記事で紹介していますのでチェックしてみてください。

サラリーマンが土日で稼げる!本当に収益が出るブログの副業

 

ライターの週末起業におすすめのビジネス

ライターの週末起業におすすめのビジネス

ここからは、ライターの週末起業におすすめのビジネスを紹介します。

 

ライターのおすすめ週末起業①記事作成

誰でもすぐに始めやすいのが、記事作成の仕事です。具体的には企業や個人からホームページやブログの記事を受注する方法です。

 

クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスに登録すれば、たくさんの案件から自分ができそうな案件に応募することができます。未経験者でも応募できる案件から、プロのライター向けの高額案件まで様々な案件があるので、自分のレベルに合わせて最適な仕事を選ぶことができます。

 

ライターのおすすめ週末起業②ブログ・アフィリエイト

ライターの週末起業でもう1つおすすめなのが、ブログやアフィリエイトです。ブログ記事を書いて広告収入を得たり、アフィリエイトで商品を紹介して成果報酬を得たりする補法です。

 

クラウドソーシングサービスで仕事を受注すると納期が決まっていますが、ブログやアフィリエイトの週末起業は、完全に自分のペースで取り組むことができます。

 

ただ、継続的にコツコツ取り組まなければ収入につながらないため、根気が必要です。しかし、ある程度軌道に乗れば仕事量もそれなりで収益をキープできるようになるため、コツコツ努力することが苦にならない人にはおすすめです。

 

ブログ・アフィリエイトの週末起業については次の記事で紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

 

サラリーマンが土日で稼げる!本当に収益が出るブログの副業

 

アフィリエイトの副業で稼ぐための正しいキーワード選び

 

ライターのおすすめ週末起業③Webディレクター

ライターとしてある程度レベルアップしてきた人におすすめの週末起業ビジネスが、Webディレクターの仕事です。

 

Webディレクターは、Webサイト制作において、構成や内容を考えたり、デザイナーやライターをアサインしたり指示を出したりする仕事です。Webディレクターの仕事には、ライターとしての実務経験が役立ちます。

 

Webディレクターはライターよりも仕事の責任が重くなりますが、その分収入が高くなっています。

 

Webディレクターの週末起業については次の記事で紹介していますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

未経験からのWebディレクター。週末起業で仕事を始める場合のポイント

 

まとめ

以上、ライターの週末起業ビジネスについて、必要なスキルやおすすめの仕事をご紹介しました。まずは手軽に始められる、クラウドソーシングサービスを活用した記事作成からスタートしてみてはいかがでしょうか。

週末起業のポイントTOPに戻る

副業・在宅ワークですぐに稼げる。

婚活アドバイザー(結婚相談所)

最短2週間で、婚活アドバイザー(結婚相談所)として活動できます!
無料で映像講座を受ける

pagetop