婚活アドバイザー(結婚相談アドバイザー)は副業・在宅ワーク・週末起業に最適。自宅で結婚相談所を開業できるお仕事です。

プライバシーポリシー協会概要

週末起業で成功・稼ぐためのポイント

HOME > 週末起業で成功・稼ぐためのポイント > > サラリーマンの兼業として漫画家になるのってどのくらい難しい?

サラリーマンの兼業として漫画家になるのってどのくらい難しい?

サラリーマンが兼業で漫画家をするのは可能?

最近ではTwitterなどのSNSから話題になって漫画家になるパターンもあり、サラリーマンの兼業や週末起業として始める漫画家の仕事が注目されてきています。

 

では、実際にサラリーマンの兼業として漫画家になることはどの程度現実的なのでしょうか?

 

ここでは、サラリーマンの兼業として漫画家を始めることの是非や、兼業で漫画家を始める場合の方法について説明します。

 

サラリーマンの兼業や週末起業で漫画家になることは可能?

サラリーマンの兼業や週末起業で漫画家になることは可能かということですが、これは“漫画家”の種類によってはなれないこともないという感じです。

 

大手出版社の漫画家となると、専業で取り組んでいても本当に狭き門なので、サラリーマンの兼業だとさらに可能性が低くなりますし、広告やWebの漫画家だと少しハードルが下がります。

 

まずは漫画家の働き方にはどのような種類があるのかを見てみましょう。

漫画家の種類と兼業おすすめ度

 

商業漫画家

漫画家の王道の働き方ともいえるのが、週刊誌や月刊誌などの漫画雑誌に作品が掲載される商業漫画家です。一言で漫画雑誌と言っても、少年向けや少女向け、青年向けなど様々な種類があり、多くの漫画家が活躍しています。

 

商業漫画家としてデビューするには、漫画雑誌が募集している新人賞などのコンクールに応募する方法と、出版社に直接持ち込む方法があります。

 

商業漫画家は専業で目指している場合もプロになれる確率は東大に合格するよりも難しいといわれており、サラリーマンの兼業としては非現実的です。

 

Web漫画家

Web漫画家は文字通りWeb上に発表される漫画を描く漫画家です。紙媒体ではなくネットやアプリで漫画を読むユーザーが増えており、サイトによっては無料で公開しているものもあります。

 

紙媒体の漫画雑誌と比較すると間口が広いため、サラリーマンの兼業としても不可能ではないかもしれません。

 

広告漫画家

広告漫画家は、企業などの広告に掲載される漫画を描く漫画家で、自分で考えたストーリーの作品を発表するのではなく、企業から指定される商品やサービスの良さを伝えたり使い方を説明したりする漫画を描くのが仕事です。

 

大企業から小さな企業まで、漫画を使った広告を作成したいというところはたくさんあり、今はクラウドソーシングサービスなどで仕事を受注することも可能なので、商業漫画家と比較するとサラリーマンの兼業としても現実的と言えます。

 

サラリーマンの兼業として漫画家で収入を得る方法

サラリーマンが兼業で漫画家をするには?

では、サラリーマンの兼業としての漫画家で収入を得るにはどのような手段が良いのでしょうか。サラリーマンの兼業では専業と違いまとまった時間が取れません。その前提で現実的な方法をいくつかご紹介します。

 

クラウドワークスで仕事を受注する

サラリーマンの兼業としての漫画家で最も現実的な方法が、クラウドソーシングサービスで仕事を受注する方法です。企業や個人がクラウドソーシングサービスを使って直接ワーカーに仕事を依頼することが増えてきましたが、漫画家の仕事も例外ではありません。

 

クラウドソーシングサービスでは、平日の夜や休日のみで取り組めるような単発の仕事が多く募集されているため、サラリーマンの兼業としても無理なく仕事をすることができます。

 

実際にクラウドワークスで募集されている漫画の案件には下記のようなものがありました。漫画家というよりはイラストレーターとしての仕事に近いかもしれません。

 

・YouTubeチャンネルに投稿するための漫画

作業内容:1ページ2~3コマの原稿を20枚+サムネイル画像1枚

報酬:1件20,000円

 

・結婚情報サイトに掲載する漫画

作業内容:1ページ5コマ程度の原稿を10枚

報酬:1件20,000円

 

ブログやSNSで作品を投稿する

サラリーマンの兼業としても取り組めて、自分の作品を世に出せるチャンスがある方法が、ブログやSNSなどで作品を投稿するやり方です。ブログやSNSに自分の作品を投稿して読者を増やし、出版社の担当者に見つけてもらうというやり方です。

 

実際にオリジナル漫画などをTwitterに投稿して出版社の目に留まり、単行本を出版するに至った人も多くいます。

 

ただし、SNSで人気になるためには相当なセンスが必要ですし、センスがあってもSNSマーケティングの方法を間違えると広まりません。また、自分のペースで取り組めるといっても、素人から出版を目指すためにはある程度高頻度で漫画を投稿していく必要があります。

 

実際にTwitterで人気の漫画家を見てみると、多い場合は毎日、少なくとも3~4日に1回は作品を投稿しています。

 

サラリーマンの兼業として、始める際のハードルは低いので、一度取り組んでみても良いかもしれません。

 

漫画家以外にサラリーマンの兼業におすすめの仕事

以上のように、サラリーマンの兼業としてある程度名の売れた漫画家になるにはハードルが高いのが現実です。

 

サラリーマンの兼業として仕事を始めて収入アップを検討している方は、漫画家にこだわらずに他の仕事も探してみることをお勧めします。

 

このサイトでは、兼業や週末起業におすすめのビジネスを多数ご紹介しています。漫画家の他にも自分に合う仕事が見つかるかもしれませんので、他の記事もぜひチェックしてみてください。

 

Web制作の週末起業で稼ぐには、強みや差別化がポイント

 

ストックフォトの週末起業は稼げる?収入の相場や注意点をチェック

 

パソコン教室の週末起業。必要な資格やスキル・成功のポイントは?

週末起業のポイントTOPに戻る

人気の記事

まだデータがありません。

副業・在宅ワークですぐに稼げる。

婚活アドバイザー(結婚相談所)

最短2週間で、婚活アドバイザー(結婚相談所)として活動できます!
無料で映像講座を受ける

pagetop